クラウドソーシング

社畜が嫌なら自力で稼げ!在宅ワークで使えるクラウドソーシング4選|副業HACK

更新日:

最近では仕事をしながら副業をする人が増えてきています。

ホリエモンの多動力やキンコン西野さんに代表されるように

「好きなことだけをして生きる」

平凡な会社員の筆者にはとても刺激的で輝いて見える。

 

専門的なスキルや知識があれば

クラウドソーシングを使って会社以外の収入を作ることもできる。

 

これから10年後、20年後

時代はめまぐるしく変わって変化を受け入れられない年齢になった時

会社に依存しないと生活できなくなるような大人になりたくない。

 

そう思った人は今できることから行動を。

変われない人はずっと社畜で我慢するしかない。

 

今回は在宅ワークが可能で好きな時間、好きな場所で働くことができるクラウドソーシングサービスを提供している有名な4サイトをセレクトしてみました。

クラウドソーシング初心者でも稼ぎやすい案件豊富で安全なサイト「ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティ」「ココナラ」についてその特徴をご紹介致します。

 




ランサーズ(Lancers)

公式サイトはこちら

ランサーズはライターが多く在籍するクラウドソーシングサイトです。

ランス(lance:槍・やり)、ペンや万年筆を武器、この場合は槍に見立て、それを駆使する者たちで、ランサーズ(lancers)という名称。

※lancersという固有名詞は沢山存在するので、諸説あります

ライター登録者数は100,000人超。

認定ライターも存在し、元雑誌編集長や、フリーのルポライター等、書き手としての腕前・実績がハイキャリアなメンバーも沢山在籍しています。

企業の一部門としてランサーズを活用しているところも多くあるため、自分のできる範囲を広げて仕事を受けることで大きな収入を得ることも可能となっています。

他にもホームページやアプリ開発、ロゴデザインなど200種類を超える様々な職種の仕事が揃っています。

登録方法もネットで簡単に行うことができるのでクラウドソーシングが初めての方でも安心して始めることができます。

 

クラウドワークス(CrowdWorks)

公式サイトはこちら

利用登録者数(発注者、受注者の合計)2,000,000人超。

近年急成長を遂げ、なくてはならないクラウドソーシングサイトとして君臨しています。

受注者としての経験談を少し書き添えると、単発契約のタスク作業はとても気安く、継続契約のプロジェクト作業は、マッチングすれば、良い収入源に成り得ます。

クラウドワークスのタスク作業は、流れを掴めば、隙間時間に確実に現金化できるノウハウが確立されています。

普通の文書作成は特定のテーマがあるので含蓄やリサーチが必要になりますが、何を書いても買い取って貰えるのは、非常に有難い事です。

文字単価に換算したら、割に合わない感もありますが、キーワードが何個必要とか、ドラマの何話の感想を指定文字数で、みたいな発注は難易度が上がる、万人向けではない仕事です。

さらに詳しく

 

シュフティ(shufti)

公式サイトはこちら

シュフティには、ランサーズやクラウドワークスをも凌駕する、歴史ある老舗の在宅ワークです。

年一回のスキルアップ試験を無料で実施するなど、人材育成にも力を入れています。

利用者の感想で目に留まったのは「会員にモラルがある」という声。

同業者(在宅ワーカー)が同サイトで秩序を乱す行為を繰り返せば、信用自体に関わりますし、気持良く受注をする気にはなれないでしょう。

そういった利用者間でのトラブルが表面化していない(裏面なども存在しない)のは、継続して受注をして行く動機に変わって行くでしょう。

ココナラ(coconala)

公式サイトはこちら


「この様な依頼を受けて欲しい」という要望にも応えますが「この様な事ができますよ」という提示の方が目立つ在宅ワークです。

「デザイン」「占い」「似顔絵・イラスト・漫画」「Webサイト制作・Webデザイン」
「音楽・ナレーション」「ライティング・ネーミング」「動画・写真・画像」
「IT・プログラミング」「ビジネスサポート・代行」「ビジネス相談・アドバイス」
「翻訳・語学」「美容・ファッション・健康」「旅行・お出かけ」「無料法律Q&A」

これだけのラインナップで、更に項目毎に(第1位から第5位まで)ランキングがありますので、選べる発注は多様多彩です。

 

安心して利用できるサービス

クラウドソーシングではお金の流れが明確で、安心して利用できるサービスが理想的です。

今回紹介したサービスを含め、ほとんどのサイトではサイトの運営企業が仲介役となり、お仕事を提供する側が一旦報酬をサイトへ入金し、お仕事の終了を確認してからお仕事をした方に支払われるといった形を取っています。

このような仕組みにより、仕事をしたのに支払われないといったトラブルが防止されており、発注側・受注側共に安心できるサービス内容となっています

また便利に活用できるよう、検索システムも充実しておりサイト全体が見やすく作られているのも共通した特徴となっています。

 

サイト選びのポイント

各サイト特色があり、特化した仕事内容に違いが見られます。

そのため、自分ができる仕事内容の多いサイトをメインとして活用していくのがおすすめです。

単価については各仕事内容に応じたものとなっているため、サイトによって差があるわけではありませんので、受注できるお仕事が多いサイトを優先して利用していくのがよいでしょう。

また、支払い方法は各サイトで異なる点もありますので、こちらについても都合の良いサイトを優先するのも一つの方法となるでしょう。

 

実績が増えていくメリット

各サイトにてたくさんのお仕事をこなしていくと、サイトを通じてお仕事を直接紹介してもらえる機会も増えます。

お仕事を提供する側も優秀で経験豊富な方にお願いしたいと思っているわけですから、各サイトでの実績が豊富な方を選んでアプローチをしてきます。

そのため、多くのお仕事をこなすことで受注のスピードも上がっていきます。

 

まとめ

今回は厳選した4サイトでしたが、未紹介の在宅ワークで仕事をする道も選べます。

知らない事の執筆はゼロからですが、文字単価が高かったり、納品まで時間のゆとりがあったら、挑戦する価値は充分あると言えます。

在宅という環境で、独自のワーキングスタイルを確立させましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クラウドソーシング

Copyright© 副業HACK , 2019 All Rights Reserved.